スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ポジショントレーニングは必要ない!?

「ポジショントレーニングは必要ない!?」

この文言を見た監督の多くは目を細めるかもしれません。
しかし、特にポジショントレーニングを行う必要はありません。
というのも、チーム戦術、個人指示が適切であれば選手の適正ポジションは増えるものだからです。

監督の設定した戦術で各選手毎に移動範囲によって増えます。
例えば、ストライカーが一旦ボールを受けに下がるような指示であった場合、攻撃セントラルミッドフィルダーのエリアに経験値が入るといった感じになります。
流石に30歳を超える選手はポジションの適正は増え辛いですが、若い選手であれば早くて1、2回の試合で成果が出ます。逆に戦術が適切でないとポジション適正は増えません。
これはチームが正しい方向へ導かれているかどうかの1つの目安になります。また、ポジショントレーニングを行うより多くの適正ポジションを増やす事が出来きます。さらに良い事にポジションだけでなく能力も上がり易くなります。
もし、ライバルのチームに所属する若い選手の適正ポジションが増えていたら注意して下さい。彼にとってチーム戦術が有効に機能しているということなのです。
スポンサーサイト

2010/08/02(月) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)

健康さの重要性

監督の皆さんは、選手を選ぶ際まずどの能力に着目していますか?
ポジションによって求める能力は異なるというのはありますが、どのポジションであっても重要な能力があります。
中でも「健康さ」は、重要な能力の1つです。
健康は数値が高いほど健康的である事を示し、コンディションが早く回復します。
リーグ戦以外の多くのカップ戦を戦っていくとなると疲労が蓄積されていくのでローテーションを考えなくてはなりませんが、コンディションの回復が早い選手が居れば常に試合に出れるので選手変更による連携低下を防ぐ事が出来ます。つまり、健康さは常にスタメンになる選手にはより重要な能力であると言えます。
また、健康さがあれば怪我のリスクが減少し、たとえ怪我になっても早く回復します。
見方を変えると使い減りが少なく、安定したプレイが期待できるという事です。

ユース選手の健康さが高ければ他の選手より長く選手生活を送る事が出来るでしょう。
ユース選手が怪我をすれば成長に悪影響を与えるので、怪我をし辛いからといって過度に試合に出場させたり、負荷の掛かりすぎるトレーニングは禁物です。
健康さは生まれ持った能力ですからトレーニングで多くの値を上げる事は出来きません。よってそのような選手を求める場合は、初めから高い値でなければなりません。

キープレイヤーが重要な試合を怪我の為出場できずその試合に敗退する…
これほど監督を悩ます問題はありません。健康さは、どの選手にも必要不可欠な能力なのです。

2010/07/31(土) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)

セーブデータの破損について

フットボールマネージャーを長くプレイしていて、突然セーブファイルが壊れたという経験をした監督は多いと思います。理事会からの辞任勧告より落胆するのは明らかです。

セーブデータの圧縮

大抵の破損原因はセーブデータの圧縮中に起こるようですので、そんな事態にならないようにゲーム設定からセーブデータの圧縮にあるチェックを外しましょう。

2010/07/30(金) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)

若い選手を育成「チューターシステム」

チューターシステムとは、ベテランの選手と若手の選手の関連付けを行い育成するものです。
3つ選択肢がありますが、内容は以下の通りです。

「理想的な~」だと、メンタルとプレイスタイル両方
 これは、指導する側の選手の影響力、運動力、勝利意欲が高いことが条件

「試合への姿勢から~」は、メンタルのみ
 これは、指導する側の選手がプロフェッショナルな性格で、勝利意欲が高いことが条件
 しかし、メンタルのみの筈が違うプレイスタイルを覚える事もあります。

「お手本とするべき」は、プレイスタイルのみ
 これは特に条件はありません。

これらの育成を成功させるにはいくつかポイントがあります。
まずは、なるべくベテランと若手の天性ポジションが同一である事、また、能力的なスタイルが同一傾向である事、例えば守備的なSBな能力なのに攻撃SBなベテランに指導してもらうのは難しいものです。
そして、若手の知名度が低く、選手レポートにある程度将来の潜在能力がある事です。
お互いが話せるような共通の言語が使えた方がいいでしょう。指導するのに、言葉が通じないのでは話になりません。さらに同郷の出身であれば、若い選手が子供の時からベテランの選手を目標にしている可能性もあるので極めて有効といえるでしょう。
成功すれば、お互いの関係がよくなりチーム内の連携が上昇しますが、上記を満たしても必ず成功するとは限りません。
成功せず不仲になった場合は、片方をレンタルで出すか、あるいは契約更改して不満を解消させましょう。しかし、潜在的に不仲である事には変わりありませんので監督は留意しておく必要があります。現実と同様に一度壊れた関係が元に戻るのは簡単な事ではないのです。

チューターシステムは、性格だけでなく、メディアへの対応も変化する場合があるので注意しましょう。
冷静であった選手が、対立的になるのは好ましい事ではありません。また、変化した際のチームトークアプローチもよく考える必要があります。
どうやら適応の高い選手は、師匠と同じ特性を持つ傾向になっているようです。

例えば、イングランド国籍のJohn Bostockの性格は以下の順に変化しました。
バランスがとれている
ある程度プロフェッショナル
意思が固い
勇気がある

この様に変化する選手はどんどん変化していきます。それだけポテンシャルがあるという事です。その様な選手はレンタルには出さずに是非、トップチームで起用して下さい。育てて貰った監督やチームの為にきっと貢献してくれるはずです。

2010/07/26(月) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)

クラブの象徴になるには

club_legend

クラブの象徴になるには、20年間同じチームにいなければならないということなのでしょうか。
流石に20年は長すぎますが、新たな目標にもなるのでFMに飽きてきた監督は挑戦してみては如何でしょうか。

2010/07/25(日) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。