スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ポジショントレーニングは必要ない!?

「ポジショントレーニングは必要ない!?」

この文言を見た監督の多くは目を細めるかもしれません。
しかし、特にポジショントレーニングを行う必要はありません。
というのも、チーム戦術、個人指示が適切であれば選手の適正ポジションは増えるものだからです。

監督の設定した戦術で各選手毎に移動範囲によって増えます。
例えば、ストライカーが一旦ボールを受けに下がるような指示であった場合、攻撃セントラルミッドフィルダーのエリアに経験値が入るといった感じになります。
流石に30歳を超える選手はポジションの適正は増え辛いですが、若い選手であれば早くて1、2回の試合で成果が出ます。逆に戦術が適切でないとポジション適正は増えません。
これはチームが正しい方向へ導かれているかどうかの1つの目安になります。また、ポジショントレーニングを行うより多くの適正ポジションを増やす事が出来きます。さらに良い事にポジションだけでなく能力も上がり易くなります。
もし、ライバルのチームに所属する若い選手の適正ポジションが増えていたら注意して下さい。彼にとってチーム戦術が有効に機能しているということなのです。

2010/08/02(月) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)

関連記事

Loading


 |  HOME  |  »

-

『承認待ちコメント』

このコメントは管理者の承認待ちです

2011/12/08(木) 13:28:31 | | [ 編集]

-

『承認待ちコメント』

このコメントは管理者の承認待ちです

2013/02/11(月) 03:52:31 | | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://fmblog21.blog103.fc2.com/tb.php/15-109b49e9
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。