スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

プレイスタイルの設定、始めに。

選手にはそれぞれ得意なプレイスタイルがあります。
しかしながら、それは常にチームとして機能するかどうかを見極めて行う必要があり、また、選手同士が相互に補完しあうような相性が存在します。
フットボールマネージャーの個人指示は、項目毎に「まれに」や「積極的に」などありますが、組み合わせが自由な為、思い描いた動きにならない事が頻繁でかなり難しく感じます。
※ここでは、単に「攻撃参加」「ドリブル」「スルーパス」などの項目についてどのような動き意味合いになるのかの解説を行い、メンタルや創造性、プレスの組み合わせはまだ考えない事にします。

監督の皆さんは、項目のプレイスタイルを変更直後に得点や失点をした経験はないでしょうか?
当然の事ですが、得点できた時はチームがうまく機能した事を示し、逆に失点した時は選手同士の動きの相互補完が行われずその小さなゾーンから突破されることを示したものです。
見方を変えると、特に変更しないのに得点した時は対戦相手の監督がミスをおかした可能性があります。監督は時に冷静に忍耐強く居なければならない事がよく分かります。
重要なのは、試合中に変更する時を見極める事変更するのは選手一人ずつにして変化を確認する事です。
一人ずつ変化を確認しなければ、項目のプレイスタイルの変更がどのような影響をもたらす物なのか分からないからです。
自分のチームが勝っているのであれば通常は変更する必要はありませんが、理解できてくると何が問題なのか見えてくるので、変更でさらに改善を試みるのもよいと思います。
基本的に変更するかどうか分からない時は、試合中のアシマネの一番上の報告欄で判断するとよいでしょう。(アシマネの能力差はあまり関係ないような気がします。)

変更完了直後から結果はすぐに反映されます。これは実際の監督がタッチライン付近まで出てきて直接選手に指示を出したものと思えばよいでしょう。選手は監督の指示どうり行動しますが、選手にはモチベーションがあり結果反映により強くでてきます。おそらく戦術設定には選手のモチベーションに深く関与するものです。チームが機能するような戦術であれば、どんな選手であろうとやる気が出てくるに違いありませんし、誤ったものであれば神経質になるのは当たり前の事です。
また、チームトークでの改善は期待しない方がいいでしょう。何も言わなくても機能するものは機能しますし、駄目なものは駄目です。選手の能力もありますが、例え4部リーグのチームがプレミア相手であっても早々簡単に失点を許す訳ではありません。簡単な事ではありませんが、あわよくば勝利することも十分可能です。負けることを単に選手の能力差と考えるのであれば、それは誤りです。
あくまで選手同士が補完出来ているかどうかなのです。

2010/07/21(水) | プレイスタイルについて | トラックバック(0) | コメント(0)

関連記事

Loading


«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://fmblog21.blog103.fc2.com/tb.php/4-caae1a9f
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。