スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ピッチサイズや天候で戦術を変える

監督の皆さんは、試合が行われるピッチサイズによって戦術を変更していますか?
ホームでは常勝のチームでもなぜかアウェイでは勝てなかったり、またその逆もよくある話です。
ピッチサイズによって戦術を変えることが勝率上昇に繋がるのかどうか確信はできませんが、好ましいと思われる戦術は確かに存在します。
カンプノウ等の広大なピッチでは、チームの指針を流動的にしスペースへパスを出す(ボールを追いかける)と良いようです。
狭いピッチでは、ダイレクトで足に繋げると良いようです。
ただし、雨の試合でダイレクトが有効など天候も関係してくるので決断するには難しいかもしれません。また、スタミナの少ないチームだと90分間指針維持するのは不可能な事です。
チームの特徴や色を維持する事も重要で、毎回変更するとチームのリズムが崩れます。
いずれにしても全ては監督が判断することですが、私は基本的に戦術変更はせずに戦い試合中に変更していく主義です。

まずはホームで常勝できるチームを目指しましょう。
ピッチサイズは毎回同じなので考える要素が1つ少なくなります。
アシマネが報告してくれると思いますが、アウェイでは戦う前にピッチサイズは確認した方がいいかもしれません。
試合中、チームが機能していないようだったらチームスタイルを変更する事も考えましょう。

2010/07/21(水) | 戦術 | トラックバック(0) | コメント(0)

関連記事

Loading


«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://fmblog21.blog103.fc2.com/tb.php/5-50003232
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。